ワキガの最新治療について

軽度のワキガ治療の場合にはボトックス注射によって汗腺の働きを弱めることで臭いを抑えるのですが、この場合には保険が適用されるので3万円程度の費用で1年程度臭いを抑えることができます。

しかし症状が思い人のワキガ治療には向いていないので、医師の判断で軽度であると判断された場合にのみ使われる方法です。新しいワキガ治療としてはレーザーを使った方法があり、これはアポクリン腺やエクリン腺を焼き切ることで汗腺から分泌される汗を完全に止めてしまう方法です。この手術はレーザーを照射するだけでいいので傷跡もできないので安心して受けることができ、施術の時間が5分程度なので肉体的な負担も少なくて済みます。

しかし重度のワキガの場合には再発する可能性があるので注意が必要で、再発に関しては医師の技術力や実績の違いにも左右されるので、口コミなどを参考にして実績のある美容外科などで治療を受けることが重要です。電気凝固法は電流によって毛根部分の働きを停止させてアポクリン腺を除去していきます。

症状が軽度の場合にのみ行われる手術なので重度の人がこの手術をうける場合には再発する可能性が高いので、医師の的確な判断力が必要となります。マイクロリムーブ法はワキに小さな穴を開けてその部分からアポクリン腺を除去していきます。症状が重い場合に使われる方法で、効果がほぼ永久的に続くのですが術後のアフターケアが大切なので術後に何度か通院をしなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *