ワキガ治療の流れについて

ワキガを治療するためには皮膚科を受診する必要があるのですが、自由診療を受ける場合には美容外科を受診すると最新の医療技術を使って診察をしてもらえるので費用の面では高額になる可能性がありますが、ワキガ治療の最新技術を使った手術などを受けられる可能性があります。

症状の程度によってワキガ治療の方針は変わるので医師による適切な診察がとても大切で、しっかりと症状を見極めることによって、再発するのを防ぐことができます。軽度の場合はデオドラントクリームなどによる対処で十分なのですが、重症になると臭いを抑えるのが難しいので手術などをすることが重要になります。

手術の種類は非常に多いので、担当医の技術力や実績に応じて最適な手術が選択されます。軽度の場合にはボトックス注射をすることが多くなっていて、この方法では汗腺を完全に麻痺させることができるので半年から1年程度臭いを抑えることができます。また保険が適用されるので費用が比較的安いのも特徴で3万円程度で症状を改善することができます。

レーザー治療は現在最も普及している手術方法でアポクリン腺やエクリン腺を完全に除去することができるのでほぼ永久的に症状を抑えることができるのですが、不完全な手術が行われた場合には再発することがあるので、もう一度治療をやり直さなければなりません。この他にも電気を使ったものや物理的に切除する方法などがありますが、手術の時間が長いために体に負担になることがデメリットとしてあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *