種類別にみるワキガ治療

ワキガの治療は、その症状の度合いや患者の希望などを考慮して決定されます。

まず軽度のワキガの場合は、ボトックス注射やレーザーなど手術によらない方法で治療が行われます。ボトックス注射とは汗がでるのを抑える薬剤をワキに注射する方法で、保険が適用されるため比較的安い費用で治療することができます。ただし効果が持続する期間が短く、ひどいワキガの人にはさほど効果が出にくいのがデメリットです。レーザー治療はワキガの原因となるアポクリン腺などをレーザー照射で除去してしまう方法で、効果は長時間持続しますが、再発の可能性もゼロではありません。

症状がひどい場合には、これらの方法ではなく手術を選択するケースが増えてきます。手術を行う場合はワキに切りこみを入れ、そこから汗腺を一つずつ取り除く方法を用います。この方法だと効果は半永久的ですが、小さな手術痕が残ってしまうのがデメリットです。また手術痕が気になる場合は、マイクロリムーブ法と呼ばれる方法が用いることもあります。この方法はワキに小さな穴をあけ、そこからアポクリン腺を取り除きます。

通常の手術と同じく効果は半永久的で、手術痕も残らないのですが、費用はかなり高くなります。このようにわきがに悩む人を助ける治療法はさまざまな種類が用意されていますが、医師の技量や症状の重さによっては再発する可能性も否定できません。医療機関を受診する際は、事前に実績のある医師かどうかしっかりと情報を集めておくことが大切です。
難波で評判のわきが治療のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *