ワキガの治療法とは

ワキガの治療は基本的には皮膚科や美容外科で行われているのですが、健康保険が適用される手術もあるので、最初に皮膚科を受診して治療方針などの説明を聞く必要があります。

美容外科でワキガ治療をする場合には基本的には自由診療の手術を勧められることが多いので、最初に皮膚科を受診して保険適用の手術の説明を聞きます。ワキガの症状が軽い場合には汗を抑える薬や対症療法で体臭を抑えることができるので、指導をしっかりと受けて対処をすることが重要で、皮膚科の医師による診察を受けて症状の程度を知ることが大切です。

薬やデオドラント商品などを使っても症状が改善されない場合には汗腺の働きを阻害する薬を注射したり、手術をしなければならないのですが、傷口などが気になる場合には美容外科に紹介状を書いてもらって受診をすることもできます。軽度のワキガの場合はボトックス注射をするだけで症状が収まる場合が多いので、3万円の費用で半年から1年程度体臭を抑えることができます。この注射は保険が適用される場合があるので医療費を抑えることができます。

レーザー光を使った治療も行われていて、レーザーによってアポクリン腺やエクリン腺を焼いてしまって臭いが出ないようにします。この治療は再発の可能性もあるのですが、5分程度で施術が終了して効果が長く続くので費用が7万円から15万円と少し高額なのですが、手軽さと高い効果によって非常に人気のある方法です。
痛くないわきがと多汗症の治療のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *