こんな場合はワキガの治療をしよう

自分では自分の体臭に気が付かないこともあります。

これは慣れてしまうからです。しかし知らない間に他の人に臭いで迷惑をかけているかもしれません。ワキガの治療をしたほうがいいのかどうか決める時にはまずはチェックをしてみましょう。まず耳垢をほじった時に濡れている方は脇が臭い可能性が高いのです。また両親のうちのどちらかが臭い場合にも遺伝により自分も臭い可能性があります。耳垢の湿り具合ですが指の上に乗せて息を吹きかけた時に飛ばなければ湿っていると考えてください。

あと脇についた服のシミが黄ばんでいる場合もアクポリン腺の影響が強いと言えるのでワキガの治療をすることをおすすめします。脇に白い粉がついている場合にも同じことです。あと女性の場合はわき毛が太く一つの毛穴から二本以上出ている場合には臭いがきつい可能性があります。男性の場合は猫毛の場合に多いのです。

勿論これだけで決められるものではありません。本当に自分が臭いのかどうかを知りたいならまずはクリニックに行ってチェックをしてもらうのがいいでしょう、ワキガの治療をするにあたってまずは手術をする必要があるかどうかを考えてくれます。商業主義に走っているクリニックではなく本当に患者さんのことを考えてくれているところなら必要ないなら必要ないと言ってくれますので、不要な手術をしないためにも必ず医師は評判で選んでください。医師の評判は今ではネットでも簡単に調べられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *