ワキガの原因と治療方法

汗のニオイが感じた時、自分がワキガなんじゃないかと不安になる人もいるのではないでしょうか。

脇には、「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」があり、気温が高い時や、運動をしている時の汗は、エクリン汗腺から出ています。この汗は99%が水分と塩分から出来ていて、汗自体にニオイはありません。ワキガの原因となる汗は、アポクリン汗腺から出る汗で、白い乳白色をしていて、脂質やタンパク質などから出来ています。このアポクリン汗腺から出る汗が、雑菌などに分解されることでニオイが出るようになります。

ワキガは、アポクリン汗腺の数が多いことが原因ですが、主に遺伝によってアポクリン汗腺の数が決まっていると言われています。体質によるものなので、ワキガ治療には、保険が適用できるので、症状に悩んでいる人は、皮膚科や形成外科に相談するようにしましょう。治療方法は、症状の重さによって変わってきます。

軽いものだと、制汗剤や塗り薬などで対処することができ、ボトックス注射によって汗の量を調節することでニオイを軽減することもできます。症状が重い場合には、アポクリン汗腺を取り除く手術をすることで解消することができます。手術内容によっては、医師の技術力が必要になるので、ワキガ治療をする時には、信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。また、油っぽい食事をしていたり、ストレスが溜まっていると症状が悪化することがあるので、日頃の生活改善を心がけるといいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *