ワキガ治療は皮膚科で可能です

ワキガ治療をするなら皮膚科で可能です。

美容外科でも可能ですが、初めてであれば皮膚科が安心です。皮膚科での治療は専門医が診察するため、自分がワキガと思っていても実はニオイに敏感なだけでワキガではないこともあります。専門医でなければ判断は難しいのです。治療で手術が必要でも、皮膚科であれば保険適用が可能になり費用が安くなるメリットもあります。ワキガの治療はいくつかあり、症状により方法は決定します。軽度の場合はボトックス注射です。

ボトックス注射は、汗腺が汗を抑える製剤を注入します。保険適用が可能です。施術の痛みはほぼなく、手術の痕も残りません。施術時間は5~10分程度で効果は半年~1年程度です。また、軽度の場合はレーザー治療や電気凝固法などがあります。中度から重度のわきがは、マイクロリムーブ法と剪除法があります。マイクロリムーブ法は脇の下に小さな穴をあけて管をさしてアポクリン腺を取り除きます。手術痕はなく痛みもほぼありません。

効果は半永久的です。剪除法は、症状が重度の場合の方法で、脇に切り込みを入れて汗腺を1つずつ取り除きます。手術痕は2~4cm、痛みは麻酔を使用するためありません。効果も半永久的です。手術などを受けてもわきがの症状が重い場合や施術を担当した医師の経験が浅く技量が低い場合は再発する可能性は否めません。しかし、デメリットなども説明してくれる良い医師や病院を見つけることで、わきがのコンプレックスは解消する可能性はあります。軽度であれば効果の期間は半年~1年ですが、ボトックス注射などは気軽にできるので、検討する価値はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *