ワキガの治療方法とは

ワキガの治療は、病院の皮膚科、または美容外科にて行われます。

また、その症状により、治療方法も異なるといった特徴があります。前述した通り、ワキガの治療の際には、病院の皮膚科、または美容外科にて行われますが、一般的にはまず皮膚科にて受診する事が望ましいと言えます。本来、ワキガは判断が難しく、自分ではそうだと思っていても実際には思い過ごしであったりする事も多々ある為であり、またその症状により方法も異なる為、皮膚科にて診察を仰ぎ、どういった方法が適切かを決めていく必要があると言えます。

そして皮膚科にての処置が可能であれば、保険が適用される為、費用も安く抑えられるといったメリットもあります。ワキガは症状によってその対処方法が異なり、比較的症状が軽いと診断された場合には、薬を処方されます。この処方される薬には、発汗を抑える薬、脇の消毒の目的として処方される塗り薬などが挙げられます。そして、この薬などを用いても症状が改善されなかった場合には、治療といった選択をします。

この場合には、そのまま病院にて処置を行う場合と、場合によっては美容外科で処置を行う為に紹介状を書いてもらう場合とに分かれます。まず、比較的軽度の症状であると診断された場合には、ボトックス注射、レーザー治療、電気凝固法を行います。効果は半永久的となりますが、場合によっては再発してしまう事もあります。そして、比較的中度から重度の症状であると診断された場合には、手術を行います。マイクロリムーブ法や、煎除法などがあり、効果は半永久的でありますが、手術後も通院が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *