ワキガ治療法とは

ワキガの治療法ですが、一番確実なのは臭いの原因となるアポクリン腺を取り除く事ですが、手術となりますので、軽い場合は、その症状に合った治療法を選択するべきでしょう。

もっとも軽い場合は、塗り薬や飲み薬でワキガの臭いを防ぐ方法です。まず、塩化アルミニウム液を使う方法です。ティシュやコットンに沁み込ませて脇の下に塗ります。基本は制汗剤ですが、臭いを抑える効果もあります。二つ目は、臭化プリバンテリンと言う飲み薬です。汗の分泌は抑えますが、尿の出が悪くなったり、目や喉が渇く副作用がある溜めに継続的使用はしないほうがいいのです三つ目は精神面や自律神経に働きかけて、不安や恐怖心を和らげて、精神的な発汗を抑えます。

眠気やふらつきなどの副作用が出る事があるので、医師の指導のもとに飲みましょう。次に手術するほどでない軽度から中等度の場合ですが、まずボトックス注射(ボツリヌス菌の毒素)をする方法です。汗を出す時の伝達物質の分泌を抑える事で、一時的に汗の量を減らします。もう一つの方法は電気凝固法といい、脇の毛穴に電気貼りをさし、そこの高周波電流を流し、ワキ脱毛とアポクリン腺の葉会と皮脂腺の破壊を行います。

最も重度なワキガの治療方は手術です。まず直視下手術法があります。アポクリン腺を見ながら一つづつ取り除いてゆく方法です。脇の下を切開しますので3~5cmの傷が残ります。他に非直視下手術法があります。このなかには、非下組織を吸引する方法と超音波でアポクリン腺を破壊した後皮下組織を吸引する方法と皮下組織を削除する方法がありますが、それぞれ一長一短があり、医師の説明を聞いたうえで自分に合った方法を選ぶといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *