ワキガ治療の方法とは

ワキガは、脇の下から独特の臭いを発するもので、遺伝などの体質が受け継がれることが原因となります。

つまり遺伝が原因のため、臭う人と臭わない人と言うのは、すでに生まれながらに分かれている、と言うことになります。しかし、たとえ遺伝をしていても、発生しない場合もあり、さらに、適切なケアをすることにより、ワキガの臭いを和らげることは出来ます。まずは、脇の下に汗をかいた時には、タオルやペーパーで拭き取ったり、シャワーを浴びるなどし、清潔を保つことが大切です。

また、ストレスを感じると汗が分泌しやすくなったり、脂肪が多く含まれた食品を摂ることでも、汗が分泌されやすくなるため、毎日の生活習慣についても気を付ける必要があります。また、殺菌効果がある商品の使用や、制汗剤の使用も有効です。しかし、ワキガを根本的に治療するには、専門医の診察や外科的手術を受けなければ難しくなります。皮膚科や美容外科で治療は可能ですが、症状が軽ければ、飲み薬や塗り薬の処方だけで済む場合もあります。

それで改善しない場合には、レーザーを当てて汗腺を壊す治療や、脇の下に小さな穴を開けてアポクリン腺を取り除くと言う手術を受けることで、根本的に解決することが出来ます。ごく稀に、術後にワキガが再発する場合もありますが、一般的に半永久的に効果が続くと言われています。いずれにしても、ワキガは一生付き合わなければならないため、あまり深く考えすぎず、自分に合った方法を見付けることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *