脱毛器には色々な種類があります

脱毛を専門に行っているエステが増えていますが、エステは病院などが利用している医療レーザーの取り扱いが出来ないため、特殊なライトを照射する光脱毛器を使い施術を行うお店が多くあります、ライト照射によりムダ毛が光を吸収する、吸収された光は熱に変換が行われて発毛を促している組織の機能を低下させるなどの作用があります。

機能が低下するとムダ毛が生えて来なくなる、もしくは生えにくい状態になるので脱毛効果としての期待を持てるわけです。
従来のエステは病院などと同じようにレーザーを利用して施術を行っていた時代もあると言われていますが、レーザーの取り扱いは難しい、医療に携わる専門家が使わないとヤケドや肌トラブルの原因に繋がるなどからも、現在ではレーザーの取り扱いについては医療従事者のみになっています。

クリニックなどが行う脱毛は医療レーザーだけでなく、絶縁針を利用した施術法もあります。

絶縁針についても医療従事者が手掛ける必要がありますが、一部のエステでは専門技術者によるニードル脱毛を可能にしているお店もあります。
どちらの方法も、毛穴に細い針を挿入してから針に電流を流して組織を破壊するため、永久性を持つ事が出来るなどの特徴があります。



ニードル針や絶縁針は同じような医療器具です。

絶縁針と呼ばれている理由は、皮膚が当たる部分に絶縁処理が行われている、針先のごく一部だけが電流が流れる場所になっているなどの特徴があります。

針に電流を流す事でムダ毛のお手入れが出来るのが特徴ですが、仮に絶縁処理が行われていないと、毛穴全体に電流が流れてしまうので、効果が悪くなる、微量な電流ではありますが、電流が流れる事で感電のような作用が起きてしまう事になります。絶縁針の長さは5ミリから1センチ程度で、毛を伸ばした状態で施術を行うのが特徴です。エステサロンやクリニックで施術を受ける時は前の日までにムダ毛のお手入れをしておく必要があります。

これはムダ毛が長い状態のままで行うと、ムダ毛が光線の熱により焦げてしまう、ムダ毛を成長させる、もしくは生成させる機能を持つ細胞組織に熱を与えにくくなるなどから、ムダ毛のお手入れが必要になるわけです。



これに対して絶縁針やニードルなどの場合はそのままで行うため、前の日にお手入れが要らないメリットがあります。

尚、これはムダ毛のお手入れをしてしまうと施術が出来ない事にも繋がるので、ある程度伸びている段階で施術を受けるなどの違いがあります。

成長期のムダ毛はメラニン色素が濃いなどの特徴を持っています。


このメラニン色素に注目しているのがレーザー光線やフラッシュ光線を利用した脱毛法です。


メラニン色素はレーザー光線やフラッシュ光線をしっかりと吸収してくれる作用があるので、肌にレーザー光線やライトを照射すると、メラニン色素に反応して熱を蓄えるようになります。
毛母細胞と呼ぶ部分がムダ毛を生成する場所、毛母細胞組織に栄養を送り込む事でムダ毛は太く長く成長して伸びて来るわけです。
熱エネルギーを毛母細胞に与える事で細胞組織が破壊される、機能が弱くなるなどの作用が生じ、脱毛効果として現われます。

レーザー光線やフラッシュ光線を照射すると痛みを伴いますが、これは熱エネルギーを与える事で感じるものです。ニードルや絶縁針を利用した脱毛の場合は、毛穴に針を挿入する時に痛みが生じ、電流を流す時にも痛みが生じる事になります。

クリニックなどの場合は、デリケートゾーンの施術時に麻酔をしてくれるなどからも、痛みは軽減されるので安心して施術を受ける事が出来ます。



但し、レーザー脱毛や光脱毛と比べると、毛穴1つずつの施術になる事からも、時間がより多く掛かるなどのデメリットがあります。
色素が濃い部分はフラッシュ光線やレーザー光線を照射出来ないと言われています。

例えば、色素沈着が起きている、埋没毛になっている、ホクロがある部分、バスとトップ周囲ギリギリの部分など、光を照射するとリスクが伴う部分についてはニードルや絶縁針が有効と言われています。さらに、レーザー光線を利用した脱毛は永久性があると言われていますが、ニードルや絶縁針についても永久性があるので、産毛などのようなメラニン色素が薄いムダ毛を処理する時なども、絶縁針を利用して施術を行えば永久性を持たせる事が出来ます。

尚、産毛はレーザー光線やフラッシュ光線が反応しにくく、何度かの施術を繰り返す事で効果を持つと言われています。

例えば、女性の口の周りには産毛のようなヒゲが生えている人もいます。

お化粧をして隠そうとしても中々きれいに隠れてくれない、シェーバーなどでお手入れを欠かさずに行っている人も多いと言えましょう。
口ヒゲなどと言われているムダ毛は産毛で薄い色をしているので気にならないと言う人もいますが、どちらかと言うと口ヒゲは目立つので気になると言う人の方が多く、フェイシャルの中でも鼻下や口下などの部位を施術したい女性が多くいるのが特徴です。

フラッシュ光線およびレーザー光線は黒いものに反応する性質があるため、成長期に入ったムダ毛はメラニン色素が濃く、ムダ毛への光線吸収率が高い、脱毛が高く現れるなどの特徴があります。しかし、日焼けしている肌は光線が作用してしまうので、ムダ毛への熱吸収率が悪くなる事、日焼けして黒くなっている部分に光線が分散してしまうなどからも、脱毛が出来ません。それ故に、肌が露出している部分の施術は日焼け対策が重要なポイントになって来ます。

1年の中でも春から夏にかけての季節は紫外線量が多くなるので日焼けには十分な注意が必要です。
小麦色の肌はおしゃれ、恰好が良いなどと言われていますが、脱毛においては逆効果です。
また、日焼けした時に肌が赤くなりやすい場合も要注意です。

施術後に海に出掛けて日焼けを起こすと、脱毛施術で肌は少なからずダメージを受けているため、この状態で紫外線が照射してしまうと、症状が悪化する恐れもあります。

ちなみに、脱毛した当日などは湯船に浸からずにシャワーだけで済ませるようにエステサロンやクリニックなどで言われるかと思われますが、脱毛した当日は肌の状態が不安定、多少なりのダメージがあるので注意が必要です。


脱毛を行っているエステサロンで利用している脱毛器には幾つかの種類があります。

最も普及が行われていると言われているのがIPLと呼ぶ脱毛器が主流になっていますが、最近ではS.S.C.脱毛器やSHR脱毛器などの種類も登場しており、これからエステ脱毛を考えている人は、それぞれの脱毛器の違いなどを知っておくと良いでしょう。

IPLやS.S.C.などの場合は、どちらもムダ毛のメラニン色素に作用するなどの共通点がありますし、IPLの場合は冷却ジェルを使うのに対し、S.S.C.の場合はジェルを塗布すると、ジェルに含まれる成分が相乗効果を作り出し、脱毛および美肌効果を得られるなどの特徴を持ちます。クリニックなどで行われているレーザー光線や絶縁針脱毛と比較した場合、痛みが小さい、一瞬痛みを感じる程度などからも、痛みに不安を感じる人などからの人気を集めています。


尚、ムダ毛を生成する因子に対して作用するハイパースキン脱毛は、メラニン色素の濃い、薄いなどに関係なく施術が出来る、毛周期に合わせる事なく施術が出来るなどからも、注目が集まっています。従来のフラッシュ光線の場合は、毛乳頭のメラニン色素に反応するのに対し、ハイパースキン脱毛の場合は毛包に反応するなどの違いがあります。