脱毛を受けるポイント

毛は肌の角質層が変化してできたものであり、皮膚の一部となっています。


主成分はタンパク質なのですが、肌から上に出ている部分と肌の内部にある毛根があります。

毛根の根元には球形の部分があり、ここで毛が作られています。
この部分には毛乳頭がありますが、周辺の細胞は毛母細胞と呼ばれています。
毛は成長期と退行期、休止期というサイクルがあり、このサイクルを毛周期と呼んでいます。成長期から退行期に移行するタイミングは個人差もありますが、約3週間程度かかると言われています。

脱毛の効果があるのは成長期の毛のみであり、退行期や休止期の毛に対しては効果がないということです。

エステサロンやクリニックではムダ毛の再生を阻害することで脱毛していくという方法です。


毛と一緒に毛の根元についている毛根にダメージを与えることができます。成長期の毛はムダ毛本体に毛根がついているため、光やレーザーに反応しやすいということです。


退行期や休止期の毛は毛根がついていません。そのため全てのムダ毛を無くしたいという場合、退行期や休止期の毛が成長期に変わるのを待つ必要があります。必要な回数は個人差もありますし、部位によっても異なっています。


1回では効果がなくても繰り返すことで効果を実感できるでしょう。


エステサロンやクリニックの脱毛というのは1回では完了しません。表面に出ている毛の量は個人差もありますし、部位によっても異なっています。

そのため脱毛完了までの回数や期間に差が出てくるということです。

一般的に生えている毛の割合が高いほど少ない回数で完了しますし、割合が低い場合は何度も施術を受ける必要があります。

エステサロンやクリニックではさまざまな部位の脱毛を受けることができます。
特に脇は人気の高い部位であり、施術を受けたいと考えている人が多いでしょう。脇の施術を受けたらワキガの症状が軽くなったという人もいます。



毛穴が無くなることで菌の繁殖を防ぐことはできますが、根本的な改善ではないとされています。

性ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンがありますが、これらはムダ毛に大きく関わっています。

男性ホルモンは体毛を濃くする効果があるため、男性ホルモンの分泌量が多い人ほど体毛が濃いと言えるでしょう。逆に女性ホルモンは体毛を薄くする効果があるとされています。


女性なのに体毛が濃いという場合、ホルモンバランスが乱れていることが考えられます。



ホルモンバランスを整えるためには生活習慣を見直してみると良いでしょう。

ムダ毛で悩んでおり、カミソリなどで自己処理を行っている人も多いでしょう。
しかし、自己処理を繰り返すと肌へのダメージも大きくなってしまいます。

カミソリというのはムダ毛と一緒に皮膚も削り取っていることになります。
特に下から上に向かって剃ってしまうと皮膚を傷つけやすいので注意しましょう。
また、入浴中にカミソリを使うと雑菌による炎症を起こしやすくなると言われています。

錆びたカミソリを使った場合、毛穴から雑菌が入り込んでしまい、毛包炎を起こしてしまうことがあります。
また、ムダ毛を剃ると毛の断面が見えるため、濃くなったように見えてしまうこともあるので注意が必要です。


間違った方法でムダ毛処理を行うと肌トラブルが起こってしまうこともあるため、エステサロンやクリニックで脱毛を受けるのがおすすめです。

エステサロンやクリニックでは肌の状態に合わせた脱毛を行ってくれます。

プロのスタッフが肌質や毛量をしっかりチェックしてくれますし、一人一人に最適な施術方法を提案してくれるため、安心して任せることができるでしょう。

初めて施術を受ける時にはいろいろ不安があるかもしれません。

まずは無料カウンセリングを受けてみると良いでしょう。

ニードル脱毛というのは細い針を毛穴に差し込み、その針に弱い電流を流してムダ毛を処理していくという方法です。

それによって毛根を破壊することができますし、毛の再生を妨害することができるでしょう。針はチタンやゴールドなどで加工されているため、金属アレルギーのリスクはありません。

ニードル脱毛は永久脱毛として認められており、一度施術が完了すれば二度とムダ毛が生えてこなくなります。
ムダ毛を一本一本確実に処理することができるため、光脱毛などの方法よりも効果が高いとされています。


また、レーザーや光が反応しにくい色素の薄い毛や細い毛にも対応できるということです。

さらに、レーザーを照射できないデリケートな部分のムダ毛なども処理することができます。

この施術は効果が高いということで知られていますが、一本ずつ処理することになるので施術にかなり時間がかかってしまいます。

また、針を皮膚に刺すことになるため、部位によっては痛みを強く感じてしまうこともあります。


痛みの感じ方には個人差もありますが、不安な場合は麻酔を使ってもらうと良いでしょう。

ニードル脱毛は専門の資格を持ったスタッフが行うことになります。
資格を持っていないスタッフは行うことができません。
エステサロンでは光脱毛という施術方法が主流となっています。

これは黒色に反応する特殊な光を肌に当てるという方法であり、毛乳頭にダメージを与えることができます。

光を一瞬だけ当てて毛根にアプローチするという方法であり、痛みが少ないので気軽に受けることができるでしょう。
レーザーを使った脱毛と原理は同じですが、レーザーよりも波長が長いため、さまざまな毛質や毛根の深さに反応するという特徴があります。使用するマシンは光線が毛根にしっかり届くように設計されており、きちんとした効果を実感できるでしょう。

エステサロンで光脱毛を受ける場合、施術中のライトが目を刺激するのを防ぐため、サングラスなどを装着することがあります。
また、肌へのダメージを防ぐため、施術前にジェルなどを塗ることもありますし、肌への負担を少なくすることができるでしょう。

光脱毛なら一度にまとめてムダ毛を処理することができるため、ニードル脱毛よりも短時間で完了するというメリットがあります。

レーザーよりも1回の料金が安いため、初めての人でも受けやすいと言われています。
しかし、レーザーよりも出力が低いため、産毛や細い毛に対しては効果が出にくいこともあります。



レーザーというのは黒色に反応する特徴があるため、肌への影響は心配ありません。

しかし、かなり日焼けしている場合などは施術を受けられないこともあるので注意しましょう。
ムダ毛の毛根にレーザーを当てることにより、熱でムダ毛を破壊することができます。

医療機関で行われている医療レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛よりも効果が高いと言われています。そのため少ない回数で脱毛を完了させることができるでしょう。また、医療機関でドクターが施術を行ってくれるため、万が一肌トラブルが起こってしまってもすぐに対処してもらえます。


エステサロンの場合は肌トラブルに対してすぐに処置を行うことができません。

医療レーザー脱毛は効果の高い方法ですが、痛みが強いという特徴もあります。特にデリケートな部分の施術では痛みが強くなってしまうということです。
また、施術に使うマシンが高価なので施術の料金も高くなっています。

しかし、回数が少なくて済むため、1回あたりの料金が高くてもトータルではエステサロンの光脱毛より安くなることもあります。