自分に合った脱毛方法を探そう

ムダ毛のお手入れは、T字カミソリで剃ることから始めたという女性も多いのではないでしょうか。お風呂に入って体を洗い、その泡をいかしてカミソリをあてるだけでムダ毛をきれいに処理することができる手軽さがありますが、次第にまめに手入れを行うことが面倒に感じてくるようになります。毛は毛根から生えて肌の表面まで伸びていることになりますが、カミソリでの除毛では肌表面に出た毛の部分しか処理ができないため、1ミリでも伸びれば目立つことにもなります。

しかし、毛抜きで抜いてみると毛根から処理ができるので、しばらくは生えてくることがないので手入れの頻度を減らすことができます。


一本ずつ毛抜きで処理するのは体中のムダ毛処理には時間がかかりますが、ワックス脱毛であれば広範囲に生えているムダ毛も一気に処理することができて役立ちます。
ワックス脱毛で使用するワックス剤は、ドラッグストアやネットショッピングでも手頃な価格で販売されています。
固形タイプで火にかけて溶かしてから使用するハードワックス以外にも、常温のまま肌に塗って乾燥させて剥がすだけのソフトワックスであれば、初心者でも簡単です。

一度利用すれば一か月近くの効果を発揮することができ、しばらくはムダ毛のことを考えずに過ごすことができます。

ワックス脱毛は、ムダ毛処理でありながらも肌にワックス剤を塗ることにもなるので、肌にダメージを与えてしまうことがあります。

ワックス剤を引きはがすときに肌表面にある角質まで剥がしてしまうことになり、それによって肌がヒリヒリとして赤くなったり、かぶれや硬化などの悩みが増えることもあります。


自宅で手軽に処理ができる方法ではありますが、初心者であれば専用のサロンを利用してみるというのも賢い選択となります。

ワックス脱毛専門サロンでは、肌がデリケートなVIOラインでも肌にダメージを与えずにきれいに処理してもらうことができます。

ハードワックスは、うまく剥がせずに剥がし残しのワックス剤があれば専用のリムーバーが必要になり、強力な効果がありながらも初心者にとっては取り扱いが難しくなります。

しかし、ワックス脱毛専門サロンであれば高度な技術を持ったスタッフが剥がし残しなくすっきりと抜いてもらうことができます。

ワックス脱毛は、激しい痛みを伴うことから避けられることもありますが、正しい方法で行えばそれほどの痛みを生じる施術にはなりません。

自分で行ってつらい思いをしたという人でも、専門サロンでその効果を体験してみるといいでしょう。
肌の表面に出ているムダ毛を処理することは除毛と呼ばれますが、毛根から処理することは脱毛と呼ばれています。

ムダ毛のどの部分から処理をするのかによって手入れの頻度が違うことになりますが、どちらも通常であればまた毛が生えてきたら処理を繰り返すことには変わりがありません。
しかし、光脱毛であれば毛根から抜くことにプラスして、ムダ毛が生えにくくなるという効果も得ることができるので、今後の手入れの頻度をさらに減らすことができます。

光脱毛は、脱毛サロンやエステサロンで行われているムダ毛の手入れとなり、特殊な光をムダ毛処理を行いたい部位に照射するという方法で進められています。波長が長い光を使用しているので、肌の奥にある毛根に作用させることができ、光を浴びた毛根は一週間から10日ほど経過すると自然に抜け落ちていきます。


また、毛根の側には毛が生えるための指令を出す組織があるのですが、ここにも光が作用してダメージを与えることができるのです。
つまり、通常であれば毛が抜けてもまた同じような毛が生えるところ、弱って細い毛質に変わることになります。

何度も施術を受け続けてダメージを与えていると、毛を作る力を失ってほとんど生えてこない状態にさせることができます。


脱毛サロンは、女性専用のサロンという店舗がほとんどを占めているのですが、中には男女ともに施術を受けることができる店舗もあります。脱毛に興味があるけれども一人で行く勇気がないという男性でも、彼女と一緒にデートで来店することができます。
しかし、女性の視線が気になるというのであれば、男性専用のメンズ脱毛サロンに行ってみるといいでしょう。

メンズ脱毛サロンでは、女性とは違った男性ならではの毛の悩みに合わせた施術を受けることができます。

女性の場合には、顔から足の先まで一本もムダ毛が生えてこなければうれしいものですが、男性の場合にはムダ毛が濃くて悩んでいるとしても、一本もなくなってしまえば周りからも不自然に思われてしまうので、自然な量に減らしたいと思っている人もいます。

メンズ脱毛サロンでは、回数を制限して好みの毛の量に仕上げてもらうこともできます。施術を受けるためには、安全を考えて肌表面にムダ毛がない状態にする必要があるために剃らなければなりませんが、毛の量が減った時点でまた伸ばし始めればもともと毛が薄かったかのように見せることもできます。

胸毛やへそ下などの部位も男性に人気がありますが、髭もシェービングを楽にするためにも役立ちます。


面倒なムダ毛の手入れからは完全に解放されたいと願っているのであれば、脱毛は医療レーザー脱毛を選択して受けるといいでしょう。

永久脱毛ができる方法でもあり、完了してしまえば何年たってももう毛が生えてくることがないので安心です。

医療レーザー脱毛は、日本では美容皮膚科や美容クリニックなどの医療機関でのみ施術が許可されていることになるので、医師がいない場所でもある脱毛サロンに行っても受けることはできません。

病院で行われているということは、もしもの場合に備えたサービスが整っていることにもなります。


まずは医師によって診察が行われ、自分に合った方法で安全を一番に考えて進められることになります。

肌が弱い人にとっては、高い効果がありながらも強い光でもあるレーザーを使用するとなると肌トラブルが不安ですが、肌がデリケートな人だからこそ医師と相談しながら脱毛をしなければなりません。

肌の状態によっては施術を断られてしまうというケースもありますが、痛みに関しては麻酔クリームや笑気麻酔が用意されていたり、施術の後には肌の炎症を抑えるために薬を出してもらえたりと、薬の準備もあるので万全な体制で脱毛を受けることができます。

光脱毛や医療レーザー脱毛では、黒い色に反応する光を使用することから剃り残しのムダ毛がある部分には光を照射することができません。

また、肌の表面に黒いものがあっても光が反応することになるので、ほくろやタトゥーの上にある毛は残されてしまうことになります。

残された毛の処理に困っている場合には、ニードル脱毛で受けてみるといいでしょう。



ニードル脱毛は、ムダ毛の毛穴に極細の特殊な器具をさしこみ、電気を流して毛根を焼いて脱毛をするという方法になります。

すぐにその場でムダ毛を抜き取ってもらうことができ、永久脱毛までの効果も持っています。

肌の色に関係なく利用することができ、さらに毛の色にも左右されることはありません。



光が反応せずに残されてしまった色の薄い産毛や白髪でも、確実に処理してもらうことができます。

ニードル脱毛の料金は、部位ごとではなく一本ごとの料金になっています。

また、店舗によっては10分あたりの作業時間ごとの料金設定になっていることもあります。



人の手作業によって一本ずつ処理をするので、部位が広くなるごとに高額になってしまうのですが、他の脱毛法で残されてしまった毛だけを処理するというのであれば安く済ませることができます。