脱毛はムダ毛のお手入れを楽にしてくれる美容施術

脱毛はムダ毛のお手入れが楽になるなどからも施術を希望する女性が多くいますが、最近は男性専用のエステやクリニックなどでも専門的な脱毛を行っているお店、もしくは病院が多くなっています。
女性の場合は身だしなみの一つとしてムダ毛のお手入れをする人が多いのですが、男性の場合はムダ毛が濃いなどコンプレックスから施術を希望する人、ヒゲが濃くて毎日のヒゲ剃りで時間が掛かるので、それを楽にする目的で施術を受ける人など、目的が様々です。

尚、男性がヒゲの脱毛を行う時には、ヒゲのデザインを行う形で施術を受ける人もいます。

ヒゲを生やしている男性にとって、ヒゲのデザインは女性でのお化粧のように、お手入れが欠かせません。
脱毛をすると処理が行われた部分のムダ毛が生えにくくなるので、ヒゲのお手入れが格段に楽になる、永久性がない方法で施術を行えば、将来別のデザインにしたい時など、自在に変更が出来るなどのメリットがあるわけです。


男性の脱毛の中でも人気を集めているのがアンダーラインの施術です。



これは女性のVIOライン脱毛などのように、見えない部分のムダ毛のお手入れになりますが、水着を着用した時など水着からはみ出るムダ毛がなくなるなどの魅力を持つ事からも人気を集めています。

脱毛を行っているエステサロンや美容皮膚科のメニューに必ずあるのが全身脱毛やVIOライン脱毛です。

VIOラインはビキニライン、Iライン、Oラインの総称になるもので、Vラインは下着が隠れる部分など身体の前面部分になります。



Iラインは陰部回り、Oラインはヒップ奥やヒップなどの周辺です。
アンダーヘアの脱毛は普段人からは見えない部分なので、特別ムダ毛処理をする必要もないと感じる人も多いかと思われますが、下着で隠れている部分は雑菌の住処としての環境を作り出してしまいます。
体温で温められている、汗などによる湿気があるなど、雑菌が好む場所としての環境があるわけです。これはムダ毛がある事でその環境をさらに良いものにしてしまいます。


VIOラインの脱毛は女性専用のエステサロンや美容皮膚科で施術を受ける事が出来るようになっているのが特徴です。


男性の場合もアンダーヘアの脱毛を行っているお店はありますが、女性には毎月生理がある関係からも、常に綺麗にしておきたいと考える人が多く人気があります。ムダ毛を脱毛で処理すると、ムダ毛ない状態になるので、かわいい下着や水着を着た時にムダ毛が気にならなくなりますし、生理時の不快感はムダ毛がなくなると良好なものになるなどからも、施術を希望する人が増えているのです。
多汗症やワキガなどの汗による悩みを抱える人も少なくありません。

多汗症の場合は精神発汗とも言われている汗が大量に分泌される症状です。これに対し、ワキガなどの場合は汗と臭いによる症状があるのが特徴で、特に重度の症状を持っている場合には、診断がワキガであると判定された場合、指定の手術法で治療を行えば保険治療が出来るとも言われています。

ワキガの臭い汗によるものではありません。

脇から分泌される汗を常在菌が分解する事で臭いになるのが特徴です。

シャツの脇の下部分に黄ばみが生じている、耳垢が湿っている、脇毛に白い粉が付いているなどの症状がある場合はワキガの可能性が高いと言われていますが、脇脱毛を行う事でワキガの症状を抑える効果を期待する事も出来ます。

脇の下は体温が高めになっていますし、汗などによる湿気もあり、常在菌が繁殖しやすい環境を作り出しています。

ムダ毛が密集しているので、こうした環境を好む常在菌はワキガの原因とも言える汗と分解し、臭いを作り出してしまうわけです。

脱毛する事で両脇のムダ毛がなくなる、常在菌にとって住みにくい環境にする事が出来るので、ワキガの症状が抑えられるなどのメリットがあるわけです。

ハイパースキン脱毛は従来のフラッシュ光線による脱毛とは異なり、痛みが少ない手法として注目を集めています。フラッシュ光線やレーザー光線は毛母細胞組織に熱を与え、組織を破壊するなどの方法でムダ毛を生えにくくしています。

熱が与えられるので、組織の機能が弱くなる、機能が壊れるなどで永久性を持たせる事も出来ます。
これに対してハイパースキン脱毛は痛みを伴うような刺激を与えずに、これから成長しようとしている細胞組織に働きかけるのが特徴です。

体感温度としては体温よりも若干高めの38度程度になるので、痛みに繋がるような刺激もなく、痛みが少なく安心して脱毛が出来る魅力を持っています。

尚、フラッシュ光線などは黒いものに吸収する性質があるので、ムダ毛の中でも成長期に入っているものだけに反応を示します。ムダ毛には休止期や退行期などのサイクルがありますが、これらのサイクルはメラニンが弱いなどからも、成長期に入らないと処理が出来ないわけです。

ちなみに、毛穴内部に光が集まった時の温度は80度などの高温温度に達すると言われており、中でもレーザー光線は光のパワーが高く、ムダ毛が密集している部分など痛みが大きくなるのが特徴です。



レーザー光線やフラッシュ光線は黒いものに光線が集まるので、成長期のムダ毛のようにメラニンが濃い部分には多くの光線が集中しやすくなります。

光線が集まると熱照射で組織を壊すなどの作用があり、この時に痛みを感じるわけです。

ハイパースキン脱毛の場合はメラニンなどに関係なく、これからムダ毛が誕生する種とも言える部分に作用するので、熱による刺激が起こらないなどからも、痛みもなく脱毛が出来ます。

特に、VIOラインなどはデリケートな部分で、熱照射による痛みは他の部位よりも強く起こる事になります。

痛みがなるべく起こらないようにするため、肌の表面を冷却しながら施術を行ってくれますし、美容皮膚科は医療行為が可能になるなどからも麻酔を使って施術を行う事も可能です。

尚、ハイパースキン脱毛は現在生えているムダ毛に対する作用はありません。

これはムダ毛が誕生する前の種の部分に作用を促すからです。
エステサロンなどで行われている脱毛の場合は、前日までにムダ毛のお手入れをしておかないと効果が弱まる、ムダ毛が焦げてしまうなどのデメリットがありますが、種に作用させる場合には前日までのお手入れが要らない、毛周期に関係なく施術を繰り返す事が出来るなどのメリットがあるわけです。ハイパースキン脱毛は痛みが小さい、もしくは痛みがないなどの魅力を持っていますが、魅力はこれだけではありません。

例えば産毛はメラニンが薄いムダ毛で、フラッシュ光線やレーザー光線を照射しても光の吸収率が悪く、熱照射が十分に行う事が出来ません。これは脱毛が出来ないと言う事ではなく、あくまでも、効果が薄くなってしまうと言う意味です。
発毛組織の種に作用するハイパースキン脱毛の場合は、産毛などのようなムダ毛を初め、白髪や金髪などのムダ毛でも作用するメリットを持っています。
さらに、日焼けしている肌はフラッシュ光線やレーザー光線を照射出来ません。
これは黒いものに反応してしまうためであり、日焼けしている肌に照射すれば光は分散するなどからも効果が起きない、もしくはヤケドなどのリスクがあるからです。
他にも、ホクロがある部分は色素が濃くなっているため、マスキングを行うなどして施術が必要なケースがあると言われています。

その点、ハイパースキン脱毛の場合は日焼けしている肌でも施術が出来ますし、ホクロに生えているムダ毛のお手入れでも出来るなどの特徴があります。
これはハイパースキン脱毛がムダ毛のメラニンなどに関係なく作用を行うからです。