はじめて脱毛をする人へメリットと注意点

脱毛をする主なメリットは、何といっても見た目です。
薄着、あるいは水着等、肌を露出する機会が多くなる季節、ムダ毛が多いとどうしても周囲の目が気になってしまいます。
もちろん、毛を剃る等の方法もあるのですが、あまり剃り過ぎると肌を傷つける可能性がある上に、剃った後が黒ずんでしまう等のデメリットがあります。

一方、脱毛の場合、そのような黒ずみが生じる心配がない上に、継続して剃り続ける負担がないというのも魅力です。

また毛を抜くため、いわゆる「剃り残し」がないというのも大きな魅力だといえるでしょう。


一見すると非常に魅力的なのですが、もちろんメリットばかりではありません。


多くの方にとって最初にネックとなるのが「値段」です。「興味があるけれども高いのでは?」という方も多く、その結果、結局自分で剃っている方も多いのが現状です。

値段が気になるという方の場合、まずはお試しコース。

あるいは無料体験コースが存在するかどうかを確認しておくとよいでしょう。料金以上のメリットがあるということが実感できた場合、納得して脱毛をスタートできるばかりでなく、自分にとって最適な脱毛方法を選ぶことにのつながっていきます。


なお、実際に無料体験コースを行った場所に必ず入会しなければならないという規定はありません。無理な勧誘があった場合は断ってもよいですし、また、クーリング・オフが可能な内容かどうかも確認しておきましょう。
脱毛をする方にとってネックとなるのは料金もそうなのですが、『痛み」というのは非常に重要です。


基本的には「痛みを伴う」ことがあるため、これは事前に確認しておく必要があるといえます。



一度入会して料金を支払ってしまった後に、「脱毛の痛みが嫌で通う気がしなくなった」「剃った方が楽」という方の場合、役務(サービス)の提供を受けた上に、所定の期間が経過している場合に該当しているケースとしてクーリング・オフの対象外となることも珍しくありません。

最近は極力、痛みを軽減する方法で脱毛が行われる傾向にはあります。ただしこれは個人差があるため、事前に確認しておく必要があるでしょう。
無料体験コース等を利用する際、多くの場合は痛みの問題について説明はされるものなのですが、それが我慢できる程度のものなのか、あるいは、お店によって痛みの程度がどの程度異なるのか、感覚を試しておくのも一つの方法です。

加えて長期間の利用が想定されるため、お店の雰囲気、とりわけスタッフの印象、あるいは愛称というものが非常に重要となってきます。

技術の問題もそうですが、接客態度、あるいは個人的に雰囲気が良いと感じられるかどうかも非常に重要となってきます。脱毛には部分脱毛と全身脱毛があります。

「脱毛は高い」と思われる方の多くは全身脱毛の料金を参考にされている方が多いです。

むろん、「毛深いのを気にしている」「全身脱毛にこだわりたい」という方はその料金が実際の脱毛料金となります。
一方、「腋の部分だけ」「特に目立つ部分だけ」といったような場合、これは全身脱毛ではなく、部分脱毛にあたります。
この場合、料金は大幅に安くなります。



また、その部分にも1ヶ所から数か所といったように、場所を指定して合計料金で支払うのが一般的です。本人が希望する内容が、実際のどのくらいの料金なのかを事前に確認しておく必要があります。

とはいえ、部分脱毛を行うデメリットも存在します。

それは脱毛エステ等に通う期間が長期間となることです。
全身を一気に行う場合、短期間で終了することもある一方で、1ヶ所から少しずつ脱毛を行っていく場合、該当する箇所が終了する度に通い続けなければなりません。自宅から職場から近い場所にある場合であればよいのですが、それ以外の場合ですと時間に加え、交通費等が負担になることがあります。


このような出費を抑える方法として、部分脱毛の期間限定キャンペーン等を利用する方法があります。

全身よりも出現する回数が多いのが特徴なので、適宜チェックしてみるとよいでしょう。

部分脱毛をした際、気を付けておきたいのが肌のケア(アフターケア)です。

基本的にエステサロンでは脱毛機というのを使用するのですが、日焼けをした状態ですとやけどをしてしまう危険性があります。

とりわけ夏場に利用する場合は注意が必要です。

また冬場であっても海外旅行等で日焼けをした場合は注意が必要です。

施術の前に事前確認はしておくとよいでしょう。

また、ムダ毛の処理等は基本的にエステサロンの指示に従うのがベストです。
例えば脱毛している部分の毛を勝手に抜いてしまったり、あるいは剃ってしまうことでサイクルが乱れてしまう可能性があります。
結果として、脱毛に「ムラ」が出来てしまう可能性があります。

また、毛穴が塞がれることによって以前よりも肌が乾燥しやすくなります。

保湿のためのケアを、よりしっかりと行う必要があります。

「何となく肌がカサつく」といった場合、エステサロン等で相談をする必要があります。

おすすめの保湿クリームがあるかどうかを確認しておくのも方法の一つです。

それによって思ったより効果がなかった場合、あるいは逆に肌の状態が非常に悪化してしまった場合、状況によっては無理に脱毛をしないことがよい場合もあります。


無料体験コース等でしつこい勧誘を受けた結果、本意ではないが契約をしてしまったという方は多いです。

基本的にはクーリング・オフが可能なケースが多いのですが、中には解約が出来ないコースに該当する場合、あるいは所定の期間が過ぎていたために契約不可の状態になっているケースもあります。

このような勧誘が嫌な方の場合、1回のみ料金を支払ってサービスを利用する、いわゆる「ビジターコース」がおすすめです。
全体の料金としては割高になるものの、「しつこい勧誘を受けずに済む」「雰囲気を確認できる」といったメリットがあります。

また、その場所で1回もしくは数回の脱毛を行ったものの、完全に終了していないためにムダ毛が残っている場合、別の場所で再度施術を開始することも可能です。

「やっていく内に、なんとなく雰囲気が合わないと思った」あるいは「転勤や引っ越し等で、その場所に通うのが難しくなった」という方の場合、一括してコースを申し込むよりも出費を抑えることが出来ます。
また、1回で完全に効果が得られる、ということは考えにくいため、例えば「3回くらいためしてみる」といったように、回数を決めていくつかの場所で試してみるというのも一つの方法だといえます。

脱毛エステを選ぶ場合、口コミサイトも活用しておくとよいでしょう。

「スタッフの雰囲気がよかった」「痛みが少ない」「肌が弱いので心配だったが特に問題なかった」といったような情報は、初めて利用する方にとっては非常に貴重な情報です。

また「しつこい勧誘」が気になる方は、その内容も確認して必要があります。

脱毛エステの中には「勧誘なし」を謳っている場所もあります。
一方、そのような看板を掲げておきながら、実際にはかなりしつこい勧誘を受けたといったケースもあります。
またチェーン店ですとお店によって対応が異なるケースもあります。
このような情報を確認するためにも口コミサイトは大いに有効です。
例えば投稿者の情報が誤った情報に基づくものであったり、稀に競合他社による「嫌がらせ」というのも存在します。

最終的には自分の足で直接訪れておくのがベストだといえます。


多くの脱毛エステでは、いわゆる無料カウンセリングというのがあるのですが、これで店内の雰囲気や口コミの内容と一致するかどうかを確かめておくとよいでしょう。

そこで問題がない、あるいはきちんと納得してはじめて契約し、満足のいくサービスを受けることが可能となります。

フェミークリニック情報の失敗しない選び方を紹介します。