近年は病気も多様化しており、これまでの胃腸科、泌尿器科、消化器科といった区別では計り知れない部分も多くなってきました。また初期症状として多くの場合、素人では病気が分からないことが一般的であり、このためどの診療科目を受診すればよいのか迷うことも多々あります。しかもいざ病気になってからでは、どの診療科目を受診するのかを検討する時間等はありません。このため病気になった場合に備えて、とりあえずの受診先を決めておくことは、その後の治療を進めるうえでも重要と言えます。

病気になったらひとまずその受診先で受診し、そこで治療可能ならそのまま治療することになり、そうでなければ適切な診療科目を医師から指示されますので、そこで適切な治療を受けることとなります。そんなとりあえずの受診先として選ばれることが多いのが内科です。そこでは原則的に胃などの臓器を対象として診察するものですが、近年では先述の背景により、それに留まらず診察範囲を広めるところも多くなってきています。事実、そこで勤務する医師には外科や皮膚科、消化器科など複数の学会の認定を受けている医師も多く活躍しています。

したがってほとんどの場合は内科で対応可能となっています。表参道にもそうした内科が多く展開しています。表参道の内科の医師は多様な資格を持っているため、様々な病気に対して適切な治療を行うことが可能となっています。ほとんどの場合、転院することなく短期間で治療が受けられることから、患者側にとってもストレス無く利用することができるのも、表参道の内科の特徴と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です